ストックフォト ニッチがリッチ

投稿者: | 2017年2月27日
Pocket

こんにちは。

 

今日は久しぶりにストックフォトについてです。

 

ストックフォトをこれからやってみようかなあ?

とか、やり始めたけど全然売れないという方には、ちょっと耳寄りなお話です。

ストックフォトが流行りだして、すでに数年もたっていて多くの写真がたくさんサイトのはアップされています。

 

それで、こんなたくさんの中から果たして自分が写真をアップしても、売れるのだろうか?

こう思われる方がいらっしゃるかと思います。

それでどういう商品をアップしたらいいか?つまりどういう作品を写していったらいいか?

ということになりますね。

 

よく売れるものに基本的には、人物とか、顔無し、とかよく言われていますが、その中から

さらに業種のニーズを探っていくとよいと思います。

今広告の経費をかけている業種はどこか?不動産、金融、医療、求人広告では福祉とか、こういうようにマーケットから見てゆくと、ニーズの高い分野がわかって来るかもしれません。

 

さらに、自分が写したいもので、ニーズがあるものの、競合が多い場合(たくさんアップされているような場合)ニッチなものはないかを考えてみるとよいかもしれません。たとえば、職人さんとか、士業をやられているかたとか、あるいは事務員さんなんかでも、顔無しで写せるかと思います。

 

意外なものが売れる場合も多いので、何でも最初は写してアップするようにしていくと、良いと思うんです。

 

僕も、もう少し色々と工夫して写していきたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です