写真撮影の悩み  なにを撮影したらいいのか?わからない

投稿者: | 2017年2月23日

解決法・・愛情を感じているものを、撮り続けたいですね。

単に関心があるというだけでなく、愛情があるものですね。そうです、何を写したらいいのか?結構悩みますよね。

 

で、やっぱり写したい被写体を写すっていうことでしょうけど、それがなかなかわからないというジレンマに、僕もよく陥っています。

 

で、あるとき気が付いたのですが、愛情を持っている被写体なら、自然と写しているんですね。

 

人によって、愛情を抱く対象は様々です。十人十色かもしれません。

例えば、子供さんとか恋人とか、あるいは自分の持っているものとか、自然の景色だとか、

あるいはモデルさんだとか、街の風景だとか。鉄道だとか、飛行機だとか、熱帯魚だったり。

 

それで、色々と長い間写していくと、今度は単にきれいだから写すというのではなく、ちょっとこういう風に写したいとか、こんな風に表現してみたいとか、いい意味での貴方の欲というか個性のようなものが出てくると思います。

そうです。

単にきれいだから写すのではなく、綺麗にどうやったら写せるかを考えて撮影すると、腕も上がってきます。

そして、それがけけっこう写真を写す楽しみというか、動機となってくるかもしれません。

それでも何を写したらいいかわからないなら

まったく見当がつかない場合は、とにかく写してみましょう。できた写真をプリントしたりして、

人に見せたり感想を聞くといいと思います。

あるいは、撮影する被写体に関心を持ちましょう・・・愛の反対は無関心です。もしかしたら直感が導いてくれるかもしれません。

stockフォトの場合は、はじめは身近なもので好きなものを写していくとよいと思います。

料理や景色や、被写体をメインにして、また自分の仕事をテーマにして、写しこんでいくというのが良いと思います。

そして、それでも何を写していいかわからないときは。

僕はほとんどそんな状態ですが、無理に写すことはないと思います。

写真を写すのが、楽しく幸せが感じられるようなときに、またカメラを持てばいいと思います。

そもそも写真撮影していて、幸せになれるかはわからないのです。

記録写真なら記録写真として、感動を収めておきたいなら、プライベート写真として、stockフォトならstockフォトとして位置付けています、いまのところ。

僕はプロではないので、その点は結構楽なんです。

ただ僕は写真を撮らない日々が長く続くと、だんだん心苦しくなってきて、重い腰を上げてテーマを決めて撮影に行きます。

それでも帰ってくると、今日の撮影楽しかったかな?と思える日は少ないです。

なぜ写真を写すのか?誰のために写すのだろうか?

で、最近写真をやっていて、何の益があるのだろうか?

こんなことを自問自答するようになりました。

本当に孤独な作業です。

もしかしたら、そんな孤独が好きで自分で嵌っているのかしら?とも思います。

それでも撮影に行けば、色々なことが感じられたり、出会ったり、勉強させられたりです。

 

なぜ写真を写すのか?僕は今は蒸気機関車以外の写真以外は、すごっくあいまいです。

ただ、撮影が好きだからだと思います。

 

では、僕は誰のために写真を写しているのだろうか?

以前、家族の写真を写していた時は、家族のために写していた記憶があります。

家族のいない今は、だれのために写しているのだろうか?

こんな自問をしています。

 

多くの場合は、被写体のためですが、stockフォトを始めて見て、写真は誰のために写すか?となると今度はお客様のために、写すということに心がけています。

 

お客さんとは、stockフォトを買ってくれるお客さんですね。

stockフォトは、そういう意味では私にとってはハードルが少し高い部分もあります。

でもそのおかげ様というか、色々と勉強になっています。

まだ修行中でもありますし、マイペースですが色々とトライしていきます。

 

 

今日はお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です